簡潔に言うと「直接現金の送金

今回は為替相場というものの基礎的要素についてのエピソードです。

為替市場を簡潔に言うと「直接現金の送金をなすことなくお金の受け渡しの意図を達成すること」です。

普通為替市場はたいてい外国為替を表すという事が一般的です。

国際の為替といえば金の換金を示します。

他国へ旅行(スペイン、韓国、米国)など以前にしていれば、みなさん国際の為替の体験があるでしょう。

近所の銀行に行って違う国のお金と換金をしたのであればそれはまさに外国為替にあたります。

為替の市場は買い手と売りたいと思う人の額を意味するものです。

銀行同士のやり取りの結果決定されるものです。

その銀行はマーケットメイカーと言う世界中で指定された複数の銀行です。

為替のレートは周囲の影響を受けながら休まずみるみる変化します。

為替の相場を変化させて行く動因としてはファンダメンタルズというものが言われます。

ファンダメンタルズというのは経済の動き、経済の基盤とか様々な要因のことを指します。

それぞれの国の経済の拡大や経済指数、物価の指数、経常収支、無就業者数、重要人物の言葉等々の要因が絡み合って為替の相場は変化して行きます。

外国取引の収支と失業者数は重大と言われます。

外国取引の収支は、日本でいうところの省庁(外務省)の指示で中央銀行(日本銀行)通関統計を利用して集計した他の国との任意の期間の取引を書き留めたものですです。

経常収支は行政機関や日銀のホームページの中で知ることができます。

雇用者の統計・無臭業者数も重大となる要因です。

格段アメリカの就職者の統計はポイントとなります。

月に一回提示され調査の目当てが広範な点がミソです。

為替の動きは景気の動きなのです。

経済活動の動きを読むことで為替レートの状況の見極めができるようになると言う結論です。

Link

Copyright © 1996 www.lildevilradio.net All Rights Reserved.